2004年09月29日

DVD100枚分のデータを1枚のディスクに

DVD100枚分のデータを1枚のディスクに--英の研究者らが新技術を発表[CNET Japan]
ロンドンのインペリアル・カレッジの研究者らは、DVD100枚分相当のデータを、DVDと同サイズのディスク1枚に格納できる新しい技術を公開した。

この記憶媒体の名称は「Multiplexed Optical Data Storage(MODS)」。
MODSは標準的なサイズのディスク1枚に、最大で1テラバイト(1000Gバイト)のデータを収めることが可能だとか。
Blu-Rayは1レイヤ(層)あたり25Gバイトの記憶容量だから、MODSはBlu-Ray(1レイヤ)の40倍の記憶容量を持つことになる。

この技術が他の企業の圧力とかで消滅しないことを祈る。

DVDの基礎知識


人気blogランキング>インターネット・コンピュータ
posted by int at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる新技術 | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

メモリーのお話

日経を読んでいて書いてあった記事。

一般にメモリーは書き込み時の電気が発する電波を外から読み取ると情報を盗み見できる。

そうだったんですね。知りませんでした。恐ろしいことです。


人気blogランキング>インターネット・コンピュータ
posted by int at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる新技術 | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

SETI@Home←グリッドコンピューティング

つい最近こんなニュースがありました。
SETI@home、謎の信号を受信――異星人からの通信の可能性も[ITmedia]

私は疑問に思いました。SETI@homeって?
というわけでSETI@homeについて調べてみました。

SETI@homeとは、グリッドコンピューティングプロジェクトの事でした。

グリッドコンピューティングとは何か?

グリッドコンピューティングとは難しく言うと、
ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことで仮想的に高性能コンピュータをつくり、利用者はそこから必要なだけ処理能力や記憶容量を取り出して使うシステム。(e-Wordsより引用)


簡単に言うと、
たくさんのパソコンをネットワークで結んでそれらのパソコンの処理能力を共有して高い処理能力を持ったコンピュータを作り上げるシステム。
ということ。

そういうわけで私はSETI@homeプロジェクトに興味を持ち参加したくなりました。前からグリッドコンピューティングに参加したいと思っていたので。^^

しかし数日後に、今度はこんなニュースが、

SETI@Homeの謎の信号、異星人からの通信ではなかった[CNET JAPAN]


・・・・・・_| ̄|○ 参加見送ります。


人気blogランキング>インターネット・コンピュータ
posted by int at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる新技術 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。