2006年04月04日

「山田オルタネイティブ」の動作を知る

「山田オルタネイティブ」の動作を知る [CNETJapan]
もともと「山田ウイルス」と称するマルウェア(正確にはトロイの木馬)が登場したのは2005年春のこと。感染するとhostsファイルを書き換えるほか、一定時間ごとにPCのスクリーンショットを取得する。さらに、自身をWebサーバとして動作させ、スクリーンショットを含むHDDの内容をインターネットに公開するとともに、アクセスのためのアドレスを「2ちゃんねる」などのインターネット上の掲示板に書き込む。
ここまでするかというぐらいに悪質です。
posted by int at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 興味深い記事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16144413

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。