2004年11月26日

ゲーム開発者残酷物語--EA提訴で明るみに出た業界の実情

ゲーム開発者残酷物語--EA提訴で明るみに出た業界の実情[CNETJapan]

まずはこちらの一文をご覧下さい。
Joe Straitiffの目には、ビデオゲーム大手のElectronic Arts(本社:カリフォルニア州レッドウッドシティー)が従業員にオフィスに缶詰になることを期待していたのは明白だった。

 Straitiffの上司は、「年中無休」と書かれたネオンサインを壁に掛け、「休日出勤を要求するメールを部下全員に定期的に送信していた」と語る同氏は、ソフトウェア開発者として約1年半EAで働いていたが、数週間前に解雇されてしまった。解雇理由の1つは、数カ月間連続で週80時間勤務することを拒否したためだという。

 「これほど長時間働いたら正気ではいられない。とにかく、あまりにも苛酷だった」(Straitiff)

いきなりアメリカ調の文章で始まるこの一文・・・。CNETJapanの記事から一部引用した物です。
ソフトウェア開発者の苦悩が少し見えた。
週80時間勤務っていったら1日10時間以上休み無しで働き続けることになる。
ゲーム業界は厳しい。

そう考えるとエロゲーというのはすごく効率が良い。ただエロい絵を描いて声優があえぐだけでオタクが買っていく。すごく効率よく儲かる。さすが2900億円市場だ。秋葉原にオタクショップが増えた理由がわかる気がする。


人気blogRanking

posted by int at 20:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 興味深い記事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、何となく通りすがったものです(^^;

ゲーム業界に限らず、IT業界は全般的に言えるんじゃないかと思いますよ?
月に残業100時間くらいは結構ざらですよ。
ITの業種にもよりますけど・・・
Posted by tamo at 2004年11月26日 21:03
>tamoさん
厳しい世界ですよね。
Posted by int at 2004年12月06日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1131555

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。